デジハリ・オンラインスクールのAdobeマスター講座とは?口コミとその評判

当ページのリンクには広告が含まれています。

私はイラスト制作や動画制作を副業としているので、Adobe Creative Cloudはどうしても必要です!

でもAdobe Creative Cloudって主婦の副業にはちょっと価格が高いんです!

でも使いたいです!使わないと副業とはいえ仕事にならない!!

せめて安く買える方法があるなら知りたい!

ということでどうしても安くAdobe Creative Cloud(Adobe CC)を使いたい引きこもり主婦ハルが

今回はAdobeCCをお得に購入できると評判のデジハリオンラインスクールAdobeマスター講座について徹底調査しました。

デジハリAdobeマスター講座(39,980円/年)

\Adobe CC + 学習教材がセットでお得に/

\ 公式サイトで詳細を確認 /

目次

デジハリ・オンラインスクールAdobeマスター講座とは?

Adobe Creative Cloud(Adobe CC)の使い方が学べる基礎動画教材46時間と12ヶ月使えるAdobe CCがセットになったのかデジハリAdobeマスター講座です。

基礎動画はデジタルハリウッドの約20年のデジタルクリエイティブの教育ノウハウに基づいて制作されています。

講座といっても課題や学習ノルマはありません。

この講座ではAdobe CCを格安で1年間使えるライセンスが付いているため、

これからAdobeを始めたい人だけでなく、現役でAdobeCCを使用したい人にも幅広く利用されている講座です。

フリーランスにはとてもありがたい講座です。

デジハリ・オンラインスクールAdobeマスター講座の4つの特徴

デジハリAdobeマスター講座は主に4つの特徴があります。オンライン講座の見放題は1ヶ月ですが、Adobe CCは12ヶ月使えるようになっています。

①:オンライン講座で学べる6つのAdobeのアプリケーション

オンライン講座ではAdobe CCの中でも仕事でよく使われる6つのアプリケーションの基礎的な使い方が勉強できます。

6つのアプリケーション

  • Illustrator
  • photoshop
  • Dreamweaver
  • InDesing
  • Premiere
  • After Effects

②:46時間の動画教材が1ヶ月見放題!

46時間のアプリケーションの使い方を学ぶ基礎動画教材が最初の1ヶ月見放題になります。

1ヶ月でこの量を見るのは結構大変かなと思うのですが、

全部見るのではなく自分が使うアプリケーションに絞って見ていけば上手く活用できると思います。

基礎動画教材の時間内訳
  • Illustrator/Photoshop実習(CC19/Adobeマスター):24時間57分
  • HTML/Dreamweaver実習(CC19):12時間09分
  • Premiere/AfterEffects実習(CC18/Adobeマスター):5時間35分
  • InDesign実習(CC19/Adobeマスター):3時間01分

動画の内容詳細は公式ページに載っています

③:プロによる課題添削付き(2ヶ月で3回)

課題提出と添削の期間は2ヶ月で回数は3回となっています。

プロに課題を添削してもらえる機会というのは、上手くなる良い機会です。

自分では気づかない良い点、悪い点について気づくことができるチャンスです。

また、見せると思って作る作品のレベルは高くなりますし、自身の成長に大きな影響を与えます。

本来プロの添削というのはかなり高額なので、受けられるのはとても貴重なチャンスです。

できればこの添削は利用する方がプラスとは思います。

でも「初心者だし添削はちょっと」という方も強制ではないので、安心してください。

ハル

Adobe CCが1年間使い放題なだけで十分お得ですから

④:Adobe Creative Coud1年間のライセンスが付属

この講座を申し込む人の大多数がこのAdobeCCのライセンスが目的で申し込んでいると考えられます。

後にも書いていますが、フリーランスの方でこの講座を毎年更新して使っている人もいます。

その理由は格安でAdobe CCが使えるから!に尽きます!

Adobe公式サイトでAdobe CCを申し込むと年間プラン一括払いで72,336円(税込)ですが

デジハリAdobeマスター講座公式ページから申し込むと

なんと!年間39,980円(税込)で1年間Adobe CCが使い放題になります。

これは3万円以上も節約できる!格安!!

多くの人がデジハリAdobeマスター講座を選ぶことに納得です!

デジハリ・オンラインスクールAdobeマスター講座の実際の口コミ

破格でAdobe CCが使えるデジハリAdobeマスター講座ですが、実際にどんな口コミ評判があるのかを調べてみました。

口コミ評判1

普通に買うより安く購入して勉強

口コミ評判2

講座が面白い。課題がない講座もあるのが残念。

https://twitter.com/koutenmama/status/1426804044056596481

口コミ評判3

動画講座は経験者の復習にも使える

https://twitter.com/licca_ch/status/1436367472580382729

口コミ評判4

2022年4月のアドビ公式の値上げがあったが、いまのところデジハリは値上げしていない。

口コミ評判5

2019年は更新の時に1万円の値上がりをしていた。

これは2019年6月1日にデジハリAdobeマスター講座が29,800円から39,980円に値上げしたことによる口コミ評判です。

いきなり約1万円の値上げにびっくりした人も多いはずです。

2022年4月にAdobe公式が値上げしていますが、デジハリは現在は値上げしていません。

しかし今現在は39,980円のまま留まっていますがいつ値上げがあるのかはわからない状態ですね。

ハル

購入予定の方は早めのほうが良さそうですね

デジハリ・オンラインスクールAdobeマスター講座内容

デジハリのAdobeマスター講座では6つのアプリケーションの基礎を学べる動画教材があります。

Illustratorの教材の内容

  • 基本操作
  • 描画ツールでの描画
  • ペンツールでの描画
  • レイヤー
  • 文字の入力
  • オブジェクトの変形
  • 線の設定とアピアランス

Photoshopの教材の内容

  • Photoshopの基本操作
  • 画像の補正
  • 画像の加工
  • 文字の入力

Dreamweaverの教材の内容

Webの基本

  • webページを表示するしくみ 
  • webページをつくるファイル

HTMLの基本

  • HTMLとは
  • HTMLの基本構文
  • HTMLに必須の要素
  • HTMLを記述する際の注意
  • リンク構造を作る
  • 全ての要素を確認する
  • テキストコンテンツに関する要素
  • コンテンツセクショニングに関する要素
  • 画像とマルチメディアに関する要素
  • テーブルに関する要素
  • フォームに関する要素
  • その他、覚えておきたい要素
  • SEO対策、SNS対策
  • 地図、動画の読み込み
  • コンテンツモデルについて

CSSの基本

  • CSSとは
  • CSSの基本構文
  • CSSを記述するところ
  • CSSの学習を始める前の準備
  • セレクターの種類
  • 擬似クラス
  • 疑似要素
  • セレクターの組み合わせ
  • CSSを記述する際の注意
  • 文字・行に関するプロパティ
  • トピックス
  • 背景に関するプロパティ
  • ボックスに関するプロパティ
  • 表示・配置に関するプロパティ
  • アニメーションに関するプロパティ
  • レイアウト

JavaScript

  • JavaScript

InDesignの教材の内容

Chapter 01

  • 自己紹介&概要
  • 起動とドキュメント設定
  • テキスト入力
  • ロゴ配置&背景変更
  • ファイルの保存方法

Chapter 02

  • 新規ドキュメントとページ設定
  • 画像の配置と画像の設定
  • 画像の移動と拡大縮小
  • 柱の設定
  • タイトルを入れる
  • リード文の設定
  • 本文の設定
  • 小見出しのテキストの回り込み
  • 写真とキャプション
  • パッケージ

Chapter 03

  • 飾り枠作成
  • タイトル作成
  • 文字の設定とタグの挿入
  • タブの設定
  • 文字ボックスに余白をつける
  • 仕上げとPDF作成

Premiereの教材の内容

  • 完成データと素材の確認・新規ファイル作成
  • シーケンスの作成
  • 素材の基本的な扱い方
  • トランジション基本
  • 素材の配置
  • タイトルとBGMの配置
  • 色調補正
  • 書き出し

After Effectsの教材の内容

After Effects基礎

  • 画面説明
  • アニメーション基本
  • アンカーポイント
  • イージング
  • 空間・時間補完、パスコントロール
  • ロゴアニメ実践
  • 書き出し

デジハリ・オンラインスクールAdobeマスター講座のメリット・デメリット

デジハリAdobeマスター講座を受講する7つのメリット

Adobe Creative Cloudが破格で使えるようになる

Adobe CCはAdobe公式サイトから購入すると年間プラン一括払いで72,336円(税込)ですが

デジハリAdobeマスター講座公式ページから申し込むと年間39,980円(税込)で1年間Adobe CCが使い放題になります。

この約3万円の節約はとても大きいですよね。

さらにAdobeマスター講座は年間39,980円なので1ヶ月の費用は3,332円となります。

つまり色々な習い事の月謝と比較するとAdobeマスター講座は半額以下ということです!

このお値段で将来仕事に役立つ技術が手に入るとしたらとても安いと私は思いました。

なぜこのような破格になるのかというと、デジタルハリウッドはアドビスクールパートナーだからなのです。

公式ページには以下のように書かれています。

アドビ スクールパートナープログラムとは、製品の使い方を最初から学びたいビギナーの方から、スキルを習得してキャリアアップを目指す方まで、幅広い方々に独自の教材およびトレーニングサービスを提供するパートナーを認定するプログラムです。本プログラムには「プラチナスクールパートナー」「ゴールドスクールパートナー」「ブロンズスクールパートナー」の3種類があります。

出典:Adobe公式ページ(スクールパートナー)

デジタルハリウッドはこの中の「プラチナスクールパートナー」に認定されています。

つまり、デジタルハリウッドは通常版より安いアカデミック版(学生・教職員限定版)を講座とセットで販売できるのです。

そのため、デジハリAdobeマスター講座を受講すれば破格でのAdobe CCの使用が可能なるということです。

オンライン教材なので好きな時に好きな場所で学習できる

オンライン教材なので、自分の予定に合わせて講座を受けることができます。

主婦や社会人で勉強できる時間が限られていたり、まとまって時間が取れなくても、自分次第で学ぶことができます。

Adobeのアプリケーションを学びたいけれど、忙しかったり、育児や家事があってスクールに通えない人にはオンライン講座はとても便利なシステムです。

Adobe CCのアプリケーションに興味のある人にも隙間時間をつかって破格で勉強できるのでおすすめです。

動画教材なので何度でも見直してじっくり学習できる

動画教材の良いところは何度も学ぶことができるところです。

オンラインの動画教材を移動時間や家事をしながら何度も聞き流しておいて、

時間が取れた時にもう一度じっくりと動画を確認するというやり方はとても有効です。

聞き流すことが予習で、あとで復習しながらじっくりと動画を確認するといった感じですね。

またわからなくなれば、すぐにその場で止めて動画を見直すことができるのも便利です。

動画教材が初心者にもわかりやすく作ってある

動画教材は初心者用に作ってあるので、とてもわかりやすいです。

Adobe CCのアプリケーションは用語と操作の両方を理解していく必要があります。

初心者だと覚えることが多いので、図での説明よりも、動画で実際にアプリケーションを動かしている動画も見る方が理解しやすいと思います。

商用利用ができる

フリーランスや個人であればAdobe CCの商用利用が可能です。

破格でなお商用利用がOKであるので、多くの人が利用するのも納得です。

「はじめたい!」と思ったら申し込み後すぐにadobe CCを使える

受講申し込み終了後、最短だと10分程度でAdobe CCが使えるようになります。

受講者IDとライセンスがメールで届くので、「はじめたい!」と思ったときにすぐにAdobe CCの使用が可能になり、同時に学習も始められます。

(※クレジットカード決済の場合は最短10分程度ですが、銀行振込およびコンビニ決済ご利用の場合、各システムの稼働時間に準じます)

Adobe CCを即日使いたい人にはとても便利ですね。

2年目もそれ以降もAdobe CCを更新できる

デジハリAdobeマスター講座は1年契約なので、1年後に再度受講すればまた同じ価格でAdobe CCが使えます。(更新前に値上げがあった場合は同じ価格にはなりませんが)

その際もデジハリからお知らせがくるので忘れるということもなさそうですね。

新しくライセンスが発行されるだけなので、アプリケーションの再インストールも必要ありません。

デジハリAdobeマスター講座を受講する4つのデメリット

動画教材の内容は初心者向けなので難しい操作は学べない

オンラインの教材は初心者向けの基本操作を覚えるための動画ですので、

Adobeを過去に使ったことがある人には物足りない内容になると思います。

ただ、基礎を復習するということに使うのであれば、有効な教材ですね。

オンライン教材なので自分で管理しないと勉強せずに1ヶ月過ぎてしまう

オンラインで好きなときに好きな場所で学習できるということは、言い換えると

自分でやろうと思わなければ、やらないで終わってしまうということです。

オンライン教材は1ヶ月しか視聴できないので、自分でしっかりと計画を立てておかないと上手く利用できずに視聴期間が終了してしまう恐れがあります。

後に教材の内容を載せていますので、そちらと照らし合わせて必要な講座からどんどん視聴することをおすすめします。

1ヶ月で全部の46時間の講座を受けるのはかなり時間を拘束される

全部のオンライン教材の視聴時間の合計は約46時間です。

これを30日で割ると1日平均1.5時間の視聴時間が必要です。

オンライン学習では見るだけでなく同時にアプリケーションを操作するのですから、実際は1.5時間ですむわけでなはいです。

仕事が忙しかったり、家事や育児に追われていてそんなに時間がとれない人も多いかと思います。

でもよく整理して考えれば、全部のアプリケーションを今、勉強しなければいけないわけではないですし、

今、全部を勉強するのは無理だと思います。

なので、自分が必要なアプリケーション、自分や使いこなしたいアプリケーションに絞って集中的に学習すれば1ヶ月でもかなり濃い勉強ができると思います。

またいつ値上げがあるのかはわからない

前回の値上げは2019年でした。

そのときは29,900円が39,980円と、約10,000円の上げ幅でした。

10,000円の値上げにはびっくりですよね。

2022年4月にAdobe公式が値上げをしているので、デジハリもそのうち値上げするのかもしれません。

でもこればかりは本当にいつ値上げされるのかは私たちにはわかりません。

ですので、迷っている方やなんとなく受講を先延ばしにしている人は早めの購入をしておいたほうがいいと思っています。

デジハリ・オンラインスクールAdobeマスター講座の5つの不安点・疑問点

ここまでは価格と講座内容を中心に調べてきました。

でもふと疑問や不安に感じることがあったのでその点についても調査しました。

Q1.デジハリAdobeマスター講座は2年目以降もAdobe CCを使うことができる?

これは前述してありますが重要なのでもう一度。

はい。新しいライセンスを取得することで同じ価格で使用可能です。

Q2.Adobe公式ページから購入するのと何が違うの?

Adobe公式ページとデジハリAdobeマスター講座でAdobe CCは全く同じものです。

一般とアカデミック版との違いもありません。

販売経路の違いにより価格に差があるだけです。

Adobe社からプラチナスクールと認定されているデジハリだからこそ破格で講座とセットで販売できるのです。

Q3.オンライン購入だけですか?パッケージ版の販売もありますか?

はい。デジハリAdobeマスター講座の受講申し込みをすると1年間のライセンスが発行されます。

ライセンス発行後にメールでシリアルコードが送られてきます。それを入力するとAdobe CCが使えるようになります。

ライセンス発行のみの販売です。パッケージ版などの販売はありません。

Q4.決済方法はなにがあるの?

銀行振込、クレジットカード、コンビニ決済です。

クレジットカードが一番決済が早いそうです。

即日使いたいとか、急ぎで使用したい人はクレジットカード決済がおすすめです。

Q5.パソコンは何台までインストールできますか?

1ライセンスでパソコン2台までです。

(アカデミック版のため、同時に2ライセンスの購入はできません)

また2台同時利用はできないようです。

個人やフリーランスで活動しているのであれば、2台で問題ないと私は感じます。

ハル

ちなみに私はMacBook2台(13inch,16inch)で使っています

デジハリ・オンラインスクール「Adobeマスター講座」はこんな人におすすめ!

ここまで調べてきて色々なことがわかりました。

デジハリAdobeマスター講座はAdobeのアプリケーション初心者から、プロとして活躍するような上級者まで幅広く利用できるということです。

オンライン講座は初心者には利用価値がありますが、上級者には大した需要はないです。

それでもなお、破格でAdobe Creative Cloudが使えるということは上級者にとっても大きなメリットだと言えます。

また、忙しくてスクールなどに通えないけれど、学びたい意欲のある人にもオンライン学習ができる、という長所があり利用価値が高いですね。

結局デジハリ・オンラインスクールのAdobeマスター講座はどんな人におすすめなのか?をまとめてみました。

  • 主婦や会社員でこれからイラストやデザインの仕事をしていきたいけど忙しくてスクールには通えない人
  • Adobeアプリケーションを格安で使いたい人
  • イラストやデザインの勉強を始めたい人
  • Adobe系のアプリケーションをいくつも使いたい人
  • AdobeCCを即日使いたい人(クレジット決済)

デジハリ・オンラインスクールAdobeマスター講座の受講までの手順

デジハリAdobeマスター講座の受講手続きの流れについて解説します。

デジハリAdobeマスター講座はオンラインで最短10分で講座受講ができるようになるので、「やりたい!」という気持ちの熱いままに申し込み、開始することができます。

その反面、受講開始した瞬間から視聴期間・添削期間が開始します。またキャンセルや休学もできませんので、気をつけてください。

今日なら受講を始められる!と狙いを定めて申し込みをすることをおすすめします。

受講申し込みの流れ

デジハリAdobeマスター講座の公式サイトから申し込みます!

こんな画面からスタート!

基本的に申し込みはとても簡単です。必要事項を入力すれば画面が進んでいくので指示通りに情報を入力していくだけです。

  1. オレンジ色の「この講座にお申し込み」ボタンを押します。
  2. 「講座内容、受講環境、約款を確認しました」にチェックをいれる
  3. 「Adobeマスター講座にお申し込み」ボタンを押す
  4. 「本講座はキャンセル不可です」というポップアップがでるので同意する
  5. ショッピングカートの中身が表示されるので確認してOKを押す
  6. 個人情報を入力する
  7. お客様情報の確認をする
  8. お支払い情報の入力をする
  9. 申し込み完了

講座申し込み完了からデジハリAdobeマスター講座開始までの流れ

  1. 申し込み完了後、すみやかに支払いを済ませる
  2. 支払いが済むと受講のためのIDとライセンスがメールで送られくる
  3. シリアルコードがメールで送られてくる
  4. メールに書いてある通りにシリアルコードを入力
  5. 入力した日から講座開始。1年間Adobe CCが使い放題になる

【まとめ】デジハリ・オンラインスクール「Adobeマスター講座」の内容と評判

デジハリAdobeマスター講座は破格でAdobe CCが1年間使い放題になるオンラインスクール講座です。

破格なのはデジハリがAdobe社のプラチナスクールパートナーとして認定されているため、

デジハリオンラインスクールは講座+Adobe CC(年間39,980円)というセット販売が認められています。

デジハリ・オンラインスクール「Adobeマスター講座」の4つの特徴

  • Adobe Creative Cloudが12ヶ月使える
  • オンライン教材46時間
  • 1ヵ月の動画視聴期間
  • 2ヶ月の課題添削期間

イラストやデザインの初心者はAdobe CCが破格で使えるようになり、さらにオンライン動画でアプリケーションの基礎操作を学ぶことができます。

イラストやデザインの経験者はオンライン教材は補足的なものになってしまうけれど、Adobe CCを安く使い続けることができ、新しくAdobeアプリケーションを試していくこともできます。

Adobe公式サイトから申し込むよりも3万円ほどやすくなるこのデジハリAdobeマスター講座は初心者から上級者までがお得に利用できる講座になっています。

Adobeのアプリケーションを「使ってみたい」、「学びたい」、「とにかく安く購入したい」と考えている方はデジハリAdobeマスター講座はおすすめの講座です。

つぎの値上げはいつになるのかわからないですが。

何事も始めなければ変わらないのですから、「やりたい!」と思うのなら早めの購入を検討してくださいね。

デジハリAdobeマスター講座

AdobeCCが12ヶ月使える

オンライン教材46時間

1ヵ月の動画視聴期間

2ヶ月の課題添削期間

特典がついて39,980円(税込)で受講できます!

\ 公式サイトで詳細を確認 /

目次